ひだしんについて

ひだしんについて

地域密着型金融の推進

地域密着型金融の推進は、地域に根ざし、そして地域と共に歩む信用組合のあるべき姿であり、当組合は厳しい経済情勢にあっても、円滑な金融支援をはじめ地域金融機関としての役割を誠実に果たすことが、最大の地域貢献であると考えています。 当組合では、以下の4つの分野を柱とした取り組み施策を掲げ、地域密着型金融の推進に努めております。




令和2年度 地域密着型金融活動実績の概要

1. 企業に対するコンサルティング機能の発揮
令和2年度は、新型コロナウイルスの影響により、地域経済情勢が急激に悪化する中、顧客企業の資金繰り確保を優先的に支援し新型コロナウイルスに係る融資を積極的に実行しました。また、新型コロナウイルス感染予防対策や事業再構築を図る企業へ補助金の申請支援および経営課題の解決支援等の金融仲介機能を発揮した取り組みを行いました。




2. 地域の面的再生への積極的な参画
電子地域通貨「さるぼぼコイン」の決済機能の強化に努め、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた地域商店街や地域企業支援のため各種イベントでのコイン機能活用やポイント還元等による支援を行った結果、地域における決済手段としての定着化が一層進みました。その他、クラウドファンディングの取り組みや各種CSR活動への積極的な参画を通じて、地域の活性化に取り組みました。



さるぼぼコインユーザー数 20,886名
さるぼぼコイン加盟店数 1,545店舗
さるぼぼコイン決済累計金額 3,347百万円
令和2年度 クラウドファンディング飛騨・高山サポート件数 25件(募集金額 179百万円)

3. 地域や利用者に対する積極的な情報発信
「金融仲介機能のベンチマーク」にかかる実績の開示をディスクロージャー誌やHPを通じて行いました。その他、地域密着型金融に関する活動や各種CSRに関する活動を「ふれあい通信」等を通じ地域に情報発信しました。



令和2年度 ふれあい通信発行部数 12部


令和3年度地域密着型金融の取り組み方針

1. 顧客企業に対するコンサルティング機能の発揮



金融仲介機能の発揮
【新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた企業の資金繰り支援】
資金供給を必要とする企業からの相談に適切に対応し、円滑な資金供給を行います。
資金繰りが悪化し、既往債務の返済に窮している企業の条件変更の相談に迅速かつ柔軟に対応します。
顧客企業への公的支援施策等の情報を積極的に提供し、施策の利活用を支援します。
金融仲介機能への強化 【日常的な関係強化の姿勢】
顧客企業からの相談受付体制を整備し、相談に対しては迅速かつ適切に対応し、ともに顧客企業の経営課題の克服に努めます。
【目利き能力の発揮】
顧客企業の強みを理解し、新たな事業分野等に取り組む企業を積極的に支援します。
【外部専門家・外部機関との連携】
外部専門家・外部機関との連携により、経営課題の解決に最適なソリューションを提供します。

2. 地域の面的再生への積極的な参画



地域経済活性化に
つながる取り組み
電子地域通貨「さるぼぼコイン」のさらなる普及と利便性向上に取り組み、地域における資金流通を促進します。
アクワイアリングにより地域商店の決済機能の向上に貢献します。
クラウドファンディングにより、新たな事業にチャレンジするお客さまを支援します。
CSR活動等の
地域活性化事業への参画
スポーツ振興や文化振興へ積極的に参画し、地域活性化に貢献します。
行政や各種経済団体と連携し、地域振興に努めます。
まちづくり・
ひとづくりへの取り組み
「地方版総合戦略」の推進に積極的に関与し、地方創生に貢献します。
インターンシップや金融教育を通じ、若者の育成や雇用の増加に寄与します。

3. 地域や利用者に対する積極的な情報発信



地域密着型金融に関する
取り組み情報の発信
ホームページやディスクロージャー誌を通じ、地域密着型金融の取り組み実績を積極的に開示します。
「金融仲介機能のベンチマーク」に関する実績を公表します。
地域活性化につながる
情報発信
「ふれあい通信」や「Facebook」、電子メール「Synergy!」、「さるぼぼチャンネル」を通じ当組合の地域における取り組みを配信します。
地域メディアを通じ、お得な金融情報や新商品の情報に加え、中小企業支援策等の情報を積極的に案内します。

4. 都市圏から地方への人材還流における人材ニーズや課題



都市部の人材の有効活用 地域内企業の中核人材不足解消のため、都市部の大手企業などで就業経験のある人材等の採用を支援します。
都市部の大手企業などで兼業・副業が解禁されていることを踏まえ、専門スキルを有するミドル社員のテレワークを利用した地域内企業への就業を促進します。